手数料を抑えて中古戸建てを買う方法

手数料を節約する方法について

子育て世帯向けの中古戸建もあります

物件によって違いがありますが、ローン保証料と言うのはとても大きな金額です。 しかし、今では保証料が不要な住宅ローンを選ぶとお金が無くてもローンを組む事が出来ます。 様々なローンが出ているので自分に合う物を選ぶのが良いと思います。 もう一つは頭金を増やして借入金を減らす方法も節約すると言うやり方もあります。

ローンの組み方によっては節約が可能です

近年になって、子供がいる世帯を対象に県から補助金が出る事もあります。
子供が多い世帯に限られるのですが、中古戸建を購入する際に掛かる登記手数料や、仲介手数料、ローンの保証料が補助の対象になります。
上限もあるようですが、最大で50万円ほどの金額が支給されます。
しかも出産予定の子も含むそうです。
その際には、母子手帳の写しが必要になります。
それから、市によって補助金対象になっている物件もあります。
ホームページに記載しているので気になる人は確認して見ると良いです。
対象となる人は、夫婦共に50歳未満である事、中学3年生までの子供がいる事、住民登録をしている事、納税をきちんとしている事、暴力団員でない事などです。
この制度を利用する為には、申請しないと適用されないので、きちんと提出してから中古戸建を探す事が重要です。
必ず、交付決定書が届くそうなので必要な時にすぐに提示出来るように保管して置く事です。
申請書類はホームページで簡単にダウンロードが出来ますし、記載例も載っているので、自分で手続きしやすいと思います。
その方が、不動産会社にお願いするよりも、事務手数料を節約する事が出来るような気がします。
それから全ての書類は必ず、コピーをして控えを取っておきましょう。
上記の住宅支援の制度は、最近になって色んな所で行われるようになってきました。
ネットでも様々な支援について紹介しているので、これから中古戸建を購入する考えがあるのであれば検討して見るのも良いと思います。






仲介手数料の安い会社を利用する

最近になって仲介手数料自体半額にしている不動産会社が増えています。 中には、無料で取引をする会社もあるようです。 街中にある無料の雑誌を見たりネットを利用して探すのも良いのですが、確実なのは自分の足でいくつかの会社を回って検討して見るのが一番だと思います。

生命保険の見直しも大切です

何かあった時に、少しでも家族が困らないように加入しておくと便利なのが生命保険です。 節約出来る部分として、世帯主に掛けている保険の金額を低くしたり、保険内容を組み直しする事も中古戸建を購入する際にあたって手数料を抑える事に繋がってくると思います。